SSブログ
前の10件 | -

みんなで、北海道動物愛護センターをつくろう!プロジェクト [獣医師会]

IMG_5524.jpg





動物愛護フェスティバルでお世話になっているHOKKAIDOしっぽの会さまから署名協力のご依頼をいただきました。
北海道獣医師会や札幌市小動物獣医師会も実行委員会に参加しておりますので、江別市内動物病院でもポスターと署名用紙を設置することとなりました。

プロジェクト詳細は下記のようになります。
詳しくは 北海道動物愛護センター早期建設を実現する会のサイトをご覧ください。

【署名サイト】


プロジェクトの趣旨


 私たちの住む北海道は、全国47都道府県のうち唯一「動物愛護センター」が設置されていません。

 環境省の発表によると、北海道は保健所の犬猫の殺処分率も低く、動物愛護が進んでいる地域のようにみえるのですが、“殺処分が少ない=譲渡率が高い” という現状を支えているのは愛護団体であり、北海道の動物愛護の現状は数多くの問題を抱えています。

 救いたくても救いきれていない命もあります。保健所の老朽化により、動物福祉の観点から適正と言える施設が少なく殺処分する場所というイメージも拭えません。

 私たちは、7つの要望を掲げ、「北海道動物愛護センター」の早期建設の実現を目指しています。

​ 当会の活動内容をご覧いただき、署名活動へのご協力をお願いいたします。

【詳細はこちら】






要望7項目


1 動物の愛護・福祉に配慮した施設

2 大規模災害時等に被災動物の対応ができる施設

3 譲渡前不妊手術、病気・ケガの治療ができる施設

4 多頭飼育崩壊時にも対応できる施設

5 飼い主のいない猫対策ができる施設

6 ペットを介した道民交流の場となる施設

7 連携・協働、ボランティア育成、適正飼育の普及啓発の拠点となる施設



【詳細はこちら】





2021年度動物愛護フェスティバルinえべつ 開催中止 [2021フェスティバル]

■2021動物愛護フェスティバルinえべつ開催中止


 昨年も、新型コロナ肺炎の全国に拡大により開催を中止しました動物愛護フェスティバルinえべつですが、依然としてコロナウィルスの感染拡大に歯止めがかからず、収束までには、まだ暫くかかりそうな状況です。


昨日、今年度のフェスティバル開催をどうするかについて獣医師会のwebでの打ち合わせ会議を開催しました。

沢山の皆様が楽しみにしているイベント。

感染対策を行い、規模を縮小してなんとか開催できないか?
色々検討いたしました。

オリンピック開催の状況を見て実施方法を検討するという意見もありましたが、準備などを考えると遅くとも5月連休明けには準備作業を開始しないと、開催準備が間に合わないでしょう。

医療従事者や、高齢者の皆様からコロナワクチンの接種も始まりましたが、すべての皆様へのワクチンの接種完了は、まだまだ先の事になりそうです。



現在の状況では、会場となる大学自体でも生徒さんの入校制限や授業にすら制限がかかっている状況。

イベントの性格上どうしても沢山の人や動物が集まることは避けられません。


ご来場いただく皆様、イベントに参加していただく参加団体のスタッフの皆様への感染のリスクを考えると、やはり今年度も開催は難しいとの結論に至りました。


2年連続での開催中止は残念でなりませんが、コロナワクチンの接種も始まりました。

まだ暫くはかかると思いますが、一日でも早くコロナが収束し以前の生活に戻り、またイベントを行える世の中になって欲しいと切に願っています。



皆様も十分コロナにお気をつけください。




動物愛護フェスティバルinえべつ 開催中止のお知らせ [2020フェスティバル]

K10012376481_2004082118_2004082120_02_01.jpg




例年この時期当会フェスティバルへの参加依頼を発送する時期ですが、新型コロナ肺炎が全国に拡大しており、全国に緊急事態宣言が出される状況となっております。


感染の拡がりを注視しながらフェス開催の可否を検討してまいりましたが、現状では終息の兆しは見えず、酪農学園大学と協議の結果、今年度の開催は中止させていただく事となりました。


毎年多くの方が楽しみにされているイベント、中止は残念ですが、まずは国民皆でコロナに打ち勝つこと、一日も早い平穏な日々が訪れることを皆で願いましょう。


皆様も十分コロナにお気をつけください。


                     動物愛護フェスティバルinえべつ 実行委員長


札幌国際情報高校 災害募金のご報告 [2019フェスティバル]

札幌国際銃砲高校吹奏楽部さまから、先日のフェスティバルでの公演の際の募金報告がございました。
こちらに転載させていただきます。




台風15号災害千葉県復興義援金として、9月の4回のチャリティライブでお預かりした募金を,日本赤十字社に送金しました。ご協力ありがとうございます。

募金額は4回の講演で総額 ¥265782


9/22:2019動物愛護フェスティバル in えべつ ゲストライブ by team “Ebetsu”(酪農学園大学)での募金額は
¥21,181でした。



71044000_2982884148394118_3584011524018012160_n.jpg





動物愛護フェスティバル無事閉幕 [2019フェスティバル]

DSC_1018.JPG



ここしばらくの低温と雨続きの不順な天候、台風の上陸も予報され、開催を心配していましたが、幸いなことに快晴に恵まれ、暑すぎず、寒すぎない適度な気温の中、動物愛護フェスティバルが無事開催できました。

翌日は大雨でしたので、ほんと運のよい動物愛護フェスとなりました。



今年度は「高齢動物との暮らし」をテーマに、野外礼拝堂でのミニ講演開催

初の試みでどれくらいの方が参加してくださるかも不安でしたが、開始前からたくさんの方にお集まりいただき、楽しい有意義な講演会となりました。
皆様の意識の高さを感じたイベントとなりました。


DSC_1023.JPG




今年度の参加者は過去最高の6600名もの方々にお集まりいただき、事故もなく大盛況の中無事フェスティバルを閉幕することができました。


ご来場いただいた皆様には心より感謝申し上げます。


また今年度で12年、酪農学園でフェスを開催できましたのは、たくさんの参加団体・企業の皆様のおかげだと思います。
この場をお借りし、お礼を申し上げます。

また来年も頑張って企画をねり、フェスティバルを開催したいと思います。
今後とも「動物愛護フェスティバルinえべつ」をよろしくお願いいたします。

来年も会場でお会いしましょう!

DSC_1017.JPG





-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

一つご報告があります。
今回当会、江別市小動物開業獣医師会は酪農学園大学獣医同窓会さまより12年にわたる「動物愛護フェスティバルinえべつ」開催の功績を認めていただき、『三愛賞』を受賞させていただく事となりました。

過去の受賞者もみな優れた業績を上げられてきた方ばかり
この受賞はひとえにご協力いただいた多くの協力団体・企業の皆様
またご来場いただいた多くの観客の皆さんのおかげと思っております。

皆様を代表し受賞式に参加させて頂きます。

ありがとうございました。


70762356_1516806611794917_911103554373025792_n.jpg









会場設営完了!

2019092121131100.jpg


本日は主催団体である江別市小動物開業獣医師会と酪農学園大学獣医保険看護学類の生徒さんで、フェスの会場設営を行いました。

ここ最近の雨続きの肌寒い天候がうそのような好天にも恵まれ、無事会場設営も完了いたしました。

台風の影響も心配されましたが、明日も好天の予報。

気温も上がり暖かい一日になりそうです。


2019092121142300.jpg






明日はたくさんの皆様のご来場、スタッフ一同お待ちしております。

また今年度初の企画、高齢動物との生活に関するミニ講演会も12時から開催されます。

ぜひ足をお運び頂き、貴重なお話をぜひお聞きください。




明日は大変な混雑が予想されます。
駐車場も少なく、少しでも多くのお車に駐車して頂けるよう誘導警備を計画しております。
校内では警備員の誘導に従いマナーをお守りいただきご来場ください。
状況により遠方の駐車場に誘導する場合もございます。
ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。


沢山の笑顔にあふれた事故のない楽しいイベントにしていきたいと思います。

お気をつけてお越しください。


                          フェスティバル運営役員・スタッフ一同





デンタルケアセミナーのご案内 [2019フェスティバル]

デンタルケア.JPG



酪農学園大学獣医保健看護学類の八百坂先生がD1号館 看護科の建物にてデンタルセミナーを行います。
特に高齢になると犬も猫も歯周病が高確率で発生します。
歯は命。

日常のブラッシングや歯周ケアで少しでも健康な歯を守りましょう!

明日からのご自宅でのケアに役立つ情報が得られると思います。

以下看護科さまっからのご案内です。


**********************************

「犬のデンタルケアセミナー」(無料) (酪農学園大学獣医保健看護学類)



ワンちゃんのデンタルケアの重要性とデンタルケアの方法についてお話をします。
D1号館2階204教室にて 11:00-11:45(受付10:20~)


ワンちゃん連れOK(40組程度)
セミナー参加者には無料プレゼントがあります!お気軽にご参加ください。




「犬ちゃんのお口チェック」(無料)
所要時間10-15分程度
セミナー終了時同会場にて受付(14:30までの予約制) 


D1号館.JPG

会場はこちらの建物となります。





献血犬、献血猫の募集 [2019フェスティバル]

供血犬.JPG




みなさま、こんにちは
酪農学園大学付属動物医療センターの輸血部です。


この場を借りて私たちの活動をご紹介させていただきます。
動物病院では輸血が必要なわんちゃん、ねこちゃんを診察することがあります。
しかし、必要な血液を確保することは難しいです。


そこで血液バンク制度を立ち上げました。協力してくれる献血犬、献血猫を募集しています。


フェスティバル当日、酪農学園大学のブースの中に輸血部のものがいますので、まずは話だけでも聞きに来てもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします。



※酪農学園のHPにも詳細の説明がございます。
ご覧になって下さい。

https://amc.rakuno.ac.jp/donor.html







当日配布小冊子とイベント詳細 [2019フェスティバル]

『2019動物愛護フェスティバルinえべつ』の当日配布用小冊子の原稿があがってきました。

一足先にネットでご紹介いたします。



【会場図です】



今年度も第1会場、第2会場、ドックラン会場の3か所でイベントを行います。


2019愛護フェス2-3.jpeg






【会場内のテント配置図です】

2019愛護フェス4-5.jpeg






【各テントのイベント内容】

2019愛護フェス14-15.jpeg





2019愛護フェス16-17.jpeg





【ステージイベントのタイムスケジュール】

2019愛護フェス10-11.jpeg




今年度初開催となりますミニ講演の演題と講師紹介

2019愛護フェス6-7.jpeg





今年度会場で配布予定の小冊子もPDFにし掲載します。


2019フェスティバル小冊子



お気に入りのイベントや団体のチエック、各イベントの受付方法、注意事項などご確認いただけたら幸いです。


フェスティバル開催まであと少しと迫ってまいりました。
運営一同はより良いイベントになるように最後の調整作業とに取り組んでおります。

前日は酪農学園大学さま、江別市小動物開業獣医師会スタッフにて会場設営を行う予定です。

沢山の笑顔にあふれた事故のない素敵なイベントにしていきたいと思っております。

沢山の皆様のご来場をお待ちしております。




人とペットの暮らし広場2019のご案内 [獣医師会]

POS.jpg




イベントのお知らせです。

札幌市小動物獣医師会さまが今週末、動物愛護イベントを開催いたします。

江別とはまた違った楽しいイベントになっております。

ぜひ皆さまも足をお運びください。



■ 人とペットの暮らし広場2019 ■

「人とペットの暮らし広場2019」

日時:2019.9.14(土)10:00-16:00<雨天決行>
会場:道庁赤れんが庁舎前庭、札幌市北3条広場(アカプラ)


詳細情報は下記まで

人とペットの暮らし広場公式サイト



前の10件 | -